11月 こんだて表 
※学校により当日のこんだてが異なる場合があります。正しい献立は、各学校から配布される献立表をご覧ください。
※下のこんだてカレンダーにある旬の食材イラストの上にマウスポインターを置いてみてください。食品の豆知識がわかります!


 ヤーコン

 ヤーコンが何か知っていますか?知らない人も多いのではないかと思います。ヤーコンの歴史は紀元前からと古く、今のペルーからボリビアにかけてのアンデスを中心に作られていました。日本へは1984年にニュージーランドを経由して入り、1987年に茨城大学農学部の農場で試験的に作られ、その後日本各地に広がりました。ヤーコンはいもの仲間で「畑のナシ」とも呼ばれています。さつまいもと似た形をしていて、食べるとほのかな甘みとしゃきしゃきした食感が特徴です。葉はお茶にして「ヤーコン茶」として飲まれています。
 10月から12月頃にかけて収穫し、すぐ食べることもできますが、1ヶ月ほど熟成させるので今からが旬になります。
 ヤーコンには整腸作用のあるフラクトオリゴ糖や食物繊維、抗酸化作用のあるポリフェノール、高血圧を改善する作用のあるカリウムが多く含まれています。
 給食では笠間市で作られたヤーコンを使用しています。茨城県でも作られていますので、見つけたらぜひ食べてみてください。

 ヤーコンのサラダ 11月4日(木)

※レシピの分量は4人分です。
  • ヤーコン(生)  140g ・・・・・・ 皮をむいてせん切り
  • キャベツ     120g ・・・・・・ 2cm幅の短冊切り
  • 小松菜      80g ・・・・・・ 2cm長さに切る
  • 鶏ササミ水煮   40g ・・・・・・ 汁気があるときは切る
  • ドレッシング 給食では和風ドレッシングですが、お好みのドレッシングなどでどうぞ。
  1. ヤーコンはさっとゆで、水冷し水気を切る。
    (給食では冷凍をゆでて使用します。生のヤーコンはゆでずにそのまま食べることもできますので、生かゆでるかはご家庭で判断してください。)
  2. キャベツ・小松菜もゆでて水冷し水気を切る。
  3. ヤーコン・キャベツ・小松菜・鶏ササミ水煮をドレッシングであえる。
ポイント!  ヤーコン以外の材料はほかのものに変えても、鶏ササミではなくツナでもOK。
      ヤーコンが甘くシャキシャキしていておいしいですよ!

 11月 霜月 November
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日

 エリンギに含まれるトレハロースという成分には、骨を若返らせる効果があるそうです。骨がスカスカになってしまう骨粗しょう症を予防し、骨をじょうぶにしてくれる働きがあります。
1 今日の給食は、きな粉揚げパンです。揚げパンは給食室で調理員さんが一つ一つ揚げています。揚げパンの日は給食室の中が大忙しです。きなこを乾煎りする。きなこと砂糖を混ぜておく。パンを揚げる→油を切る→きなこと砂糖をあわせたものをパンにまぶす→パン箱に並べるという流れ作業をしています。この流れがうまくいかないと,美味しい揚げパンはできません。高温でカリッと揚げるので,パンのまわりはサクッと香ばしく,中はフワフワの 揚げパンになります。調理員さんに感謝していただきましょう。
きなこ揚げパン  牛乳  鶏肉と野菜のトマト煮  シーフードサラダ

2 茨城県は、さつまいもの栽培面積・生産量が全国第2位です。県内で一番多く栽培されているのは「べにあずま」ですが、最近はしっとりしている「べにまさり」も人気があります。茨城県では、東海村をはじめ、ひたちなか市や鹿嶋市、行方市などで暖かい気候と水はけのよい土地を利用しておいしいさつまいもが作られています。今日は東海村で作られたさつまいもを使ってさつま汁にしました。味わっていただきましょう。
米飯 牛乳 れんこんメンチカツ ごま酢和え さつま汁
おはしの日
3
 かぼちゃは実も皮も固いので、生のままで切るのは一苦労ですよね。そんな時は、ひと工夫するだけで調理がぐっと楽に。電子レンジで100g当たり30秒を目安に加熱をすると、切りやすくなって味も染み込みやすくなります。
4 今日の献立に使っているヤーコンは見た目はさつまいも似ていて、食感が梨に似ているのが特徴です。ほんのりと甘みがあり、水分が豊富です。血をさらさらにするポリフェノールやお腹の調子を整える働きのある食物繊維、お腹の中の良い菌を増やし、悪い菌を減らす働きをするフラクトオリゴ糖が多く含まれていて,健康的な食品として知られています。きちんと食べて、健康なからだ作りを心掛けましょう。
ポークカレーライス 牛乳 ヤーコンのサラダ

5 みなさんは毎日朝ごはんをしっかり食べていますか?朝ごはんを食べると,脳にスイッチが入り眠っていた脳を起こしてくれます。朝ごはんを食べていない人は,まず飲み物やヨーグルトなど簡単に食べられそうなものから始めて,食べる習慣をつけましょう。朝ごはんを食べてきている人はさらに脳の働きをよくするために,栄養バランスよく食べることを心がけましょう。
米飯 牛乳 豆腐の中華煮 バンサンスー
6
 カリフラワーを白く美味しくゆで上げるには、小麦粉を水で溶いたものをゆで水に加えさらにレモンやお酢を加えると良いそうです。お湯が沸騰してからカリフラワーを入れるとふっくらと仕上がります。
7
 カットした白菜を買ったら真ん中(芯のまわり)から食べるのがおすすめです。一番甘みがあって、外葉の栄養がそれ以上芯にとられてしまうのも防いでくれます。
8 今日11月8日は,「いい歯」の日です。いい歯を保つためには,歯磨きのほかに噛むことが大切です。よく噛んで食べることで,虫歯を予防する。胃の働きを助ける。太りにくくする。脳の働きを活発にする。体力をつける。おいしく味わえる。発音がはっきりする。がんを予防する。など,たくさん体にいいことがあります。今日のサラダは、さきいかなど噛み応えのある食材を使ったかみかみサラダです。日頃から,よく噛むことに意識をしながら食べましょう。
米飯 牛乳 野菜コロッケ かみかみサラダ カッテージチーズ和え
おはしの日
9 さばは秋から冬の寒い季節になると,脂がのってとてもおいしくなります。塩焼きにしたり,しめさばにしたり,煮付けにしたり,干物や缶詰などにして良く食べられている魚です。サバに含まれるEPAやDHAなどの脂は,血をサラサラにし,生活習慣病を防いだり,頭の働きを良くしたりします。今日はさばのみそ煮です。味わっていただきましょう。
米飯 牛乳 さばのみそ煮 即席漬け かきたま汁
おはしの日
10 昆布やわかめ、ひじき、海苔など海藻類は私たちの食事にとって欠かせない食材です。日本には1500種類以上が生息し、食用とされているのが100種類以上で、出汁やみそ汁、サラダ、煮物などいろいろな料理に使われています。海藻には、マグネシウム、カルシウム、鉄 などのミネラルも豊富に含まれています。また、食物繊維も豊富に含まれているので、腸の働きを助けてくれます。シチューに合うようさっぱりとした海藻サラダにしました。お味はいかがですか。
米飯 牛乳 ブラウンシチュー 海藻サラダ
11 焼きそばは、中国で生まれた「炒麺」という料理です。炒麺は、中華麺を炒めて作った料理をいい、基本的には醤油や塩味です。それをもとに、終戦直後で食料があまりない時代、キャベツなどで麺をかさ増しし、ウスターソースで味付けしたものを闇市で販売したのが日本での始まりです。これが大好評となり、各地へ広がっていきました。給食では、栄養も考えていろいろな野菜を使っています。残さず食べましょう。
胚芽パン イカ入り焼きそば 牛乳 ブロッコリーのツナマヨサラダ
12 ユーリンチーは、鶏肉のから揚げに刻んだ長ねぎをのせて、甘い酢醤油のタレをかけた中国料理です。給食では野菜を生の状態では出せないので、長ねぎとしょうがをタレで煮て、から揚げにかけました。ユーリンチーの「ユーリン」は「油をまわしかけて揚げる」という意味で、「チー」は「にわとり」を意味します。お味はいかがですか。
米飯 牛乳 ユーリンチー チョレギサラダ ワンタンスープ
おはしの日
13
 昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われています。柿にはさまざまな効能があり、下痢止め・整腸剤・血止め・しもやけ・やけど・解熱や風の薬として重宝されていたようです。
14
 花粉症の予防にはれんこんが良いそうです。なぜなら体に良い「ポリフェノール」がたくさん含まれているためです。また、れんこんには「ムチン」という物質も含まれており、このムチンが胃腸のバランスを整えて花粉症体質を改善してくれるそうです。
15 豆は、マメ科植物の種子のことで、大豆やひよこ豆、小豆、いんげん豆などたくさんの種類があります。豆には、炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれていて、食物繊維も豊富です。今日のチリビーンズでは、大豆、大福豆、金時豆を使用しています。おいしくいただきましょう。
米粉パン 牛乳 チリビーンズ もやしサラダ
16 今日の一口メモは、「さんま」についてです。さんまは、秋の味覚の代表的な魚の一つで、漢字で書くと、秋の刀の魚と書きます。さんまの姿が刀のような形をしていることから、「刀」が充てられているそうです。さんまには、記憶力や脳の働きをよくするDHAやEPAと呼ばれる脂肪酸が豊富です。今日は、さんまの蒲焼きにしました。残さずいただきましょう。
米飯 牛乳 さんまの蒲焼き 白菜の香り漬け 小松菜のみそ汁
おはしの日
17 今日は、昭和40年代〜50年代の頃に給食 で出されていたミートソースです。パスタではなく、ソフトメンで食べます。ソフトメンは、当時 の学校 給食 の主食 がパンだけだったので、主食 のレパートリーを増 やすために昭和 40年頃 に開発 されたものです。現在,茨城県 のソフトメンは,茨城県産 100%の小麦粉 (きぬの波 という品種)を使 って作 られています。ソフトメンの正式 名称 は「ソフトスパゲッティ式 めん」といいます。その頃 はうどんのような食 べ方 よりも、スパゲティのようにミートソースなどをからめて食 べる献立 が多 かったようです。
ミートソース(ソフトメン) 牛乳 シーザーサラダ
18 チャーハンの歴史はとても古く、7世紀の中国では、すでに食べられていたといわれています。その後中国から日本へ伝わりました。チャーハンは炊いた白いごはんと卵、野菜などを油で炒め味付けしたものをいいます。同じような料理は東南アジアの「ナシゴレン」やヨーロッパの「ピラフ」、アメリカの「ジャンバラヤ」など世界中にあります。今日は「キムチチャーハン」です。お味はいかがですか。
キムチチャーハン 牛乳 春巻き(中学校のみ) 切り干し大根のサラダ
19 朝ごはんを毎日食べると、をアップすることができます。朝ごはんを食べることで、が上がり、細胞が元気に体の中で働いてくれるからです。また、バランス良く食べることで、から体を守るビタミンや皮膚・粘膜・免疫細胞の材料となるたんぱく質を摂ることができます。かぜなどの病気から体を守るためにも、ごはんを食べて元気に登校しましょう。
米飯 牛乳 もうかとじゃがいものごまがらめ 昆布あえ すいとん汁
おはしの日
20
 りんごにはカリウムが100g中に110mgも含まれており、ナトリウムを尿と一緒に体外に排出してくれます。「一日一個のりんごは医者いらず」とも言われている果物です。
21

 11月になって寒さが本格的になってくると干し柿作りが始まります。干し柿は表面に白い粉がついていることがありますが、これはブドウ糖が結晶になったもの。ブドウ糖は脳の栄養源なので、干し柿は勉強の合間のおやつにおすすめですよ。
22 みなさんは「茨城をたべようWeek」を知っていますか?茨城県では毎月第三日曜日を「茨城をたべようDay」としています。その日から始まる一週間が「茨城をたべようWeek」です。今月の「茨城をたべようDay」は昨日の21日でした。ですから今週は「茨城をたべようWeek」となります。どうしてこのような日が決められたのかというと、農業や漁業の盛んな茨城県のおいしい食べ物を県民に知ってもらい、買ったり食べたりして地産地消をすすめるためです。お店に行くと今が旬の新鮮な野菜や果物、魚などがたくさんあります。ぜひ食べてみましょう。
黒パン 牛乳 さつまいもの豆乳シチュー ガーリックドレッシングサラダ
23
 なめこも冷凍保存することができます。真空パックのものならそのまま、袋入りのものはジッパーがついた袋に入れかえて空気を抜いてから冷凍してみてくださいね。
24 和食の基本は「一汁三菜」です。主食のご飯でエネルギー源となる炭水化物をとることができ、主菜の魚・肉・卵・豆腐などでたんぱく質を、汁ものやあえものなど副菜の野菜・いも類・豆類・きのこ・海藻などでビタミン・ミネラル・食物繊維・水分がとれるようになっています。和食は栄養のバランスが良いだけでなく,おもてなしの心や季節感を表現できる特徴もあります。和食は世界に誇れる日本の食文化であり,2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。今日は和食の献立になっています。和食の良さを見直しましょう。
米飯 牛乳 いなだ竜田揚げ からし和え みそけんちん汁
おはしの日
25 今日の主菜は、ローズポークのねぎ塩炒めです。ローズポークは、茨城県で長い間研究されて誕生した豚肉で、生産者・育てる豚・育てる飼料・販売する人を限定した、おいしく安全・安心な豚肉です。1983年から生産が開始されたので、今年で38年目になります。茨城県の県花「バラ」にちなんでローズポークという名前がつけられ、肉質は弾力があり、きめ細かく、柔らかいのが特徴です。
米飯 牛乳 ローズポークのねぎ塩炒め 鶏肉と白菜のスープ
おはしの日
26 クイズです。「がんもどき」の主な材料は、次のうちのどれでしょう? (1)魚(2)豆腐(3)やまいも 正解は、(2)の豆腐です。がんもどきは、水気を切った豆腐に、にんじんやしいたけなどの具材を加えて丸め、油で揚げて作られます。揚げることによって中に空洞ができるので、煮物にするとおいしい煮汁がよくしみこみます。今日は、お肉のうまみや野菜のだしがよくしみた、大根とがんもどきの煮物です。味わっていただきましょう。
米飯 牛乳 厚焼き卵 大根とがんもどきの煮物 おひたし
おはしの日
27
 「サバの生き腐れ」と言われるように、さばは水揚げ後するに死後硬直を起こして、その後の自己消化が早く、細菌による腐敗が起きやすい魚です。目が澄んで、体の色が鮮やかで光沢があり、身が固くしっかりとしていて、背が青く腹が白いものを選ぶと新鮮です。
28
 鮭の身はサーモンピンクをしていますが、実は白身魚です。鮭のもともとの身の色は白ですが、海に出てオキアミなどの甲殻類を食べることでその殻に含まれるアスタキサンチンという成分で身が赤く染まるのだそうです。
29 今日は、新しいメニューのシュガートーストです。パン1個1個に給食室で、バターと砂糖をぬってカリっと焼き上げました。簡単にできるので、休日の朝などに作ってみてもいいですね。今日もおいしくいただきましょう。
シュガートースト 牛乳 ツナサラダ ミートボールと野菜のスープ煮
30 食物アレルギーは、好き嫌いとは違い、ある食べ物を食べるとアレルギー症状が出ることをいいます。食物アレルギーは、人によって原因になる食べ物や症状などが違います。東海村にも、食物アレルギーがあるためみんなと同じ給食が食べられない児童・生徒の皆さんがいます。そこで、今日の給食は、食物アレルギーをもつ児童・生徒の皆さんも一緒に給食が食べられるように、アレルギーの原因となる食品を使わない献立を用意しました。食物アレルギーについて考えながら、みんなで楽しく食べましょう。
米飯 ゴロっとチキンカレー 根菜サラダ

 のり1枚(全型)のサイズは原則としてタテ21×ヨコ19センチ。昭和40年代にこのサイズに全国統一されました。ちなみにのりは10枚で「1帖(いちじょう)」と数えます。そして10帖を「1把(いっぱ・いちわ)」と数えます。

 こんにゃくはこんにゃく芋から作られています。白と黒のこんにゃくは、作り方は同じですが黒にはひじきなどの海藻粉末が混ぜてあります。

 いくらは実はロシア語です。魚卵のことをロシアではイクラと呼びます。日本のいくらは「赤いイクラ」、キャビアは「黒いイクラ」、たらこは「メンタイイクラ」と呼ばれています。

 たらこは、たらはたらでもスケトウダラの卵巣のことです。マダラの卵巣は見た目が黒く、筋でつながっているため加工には向かないのだとか。
  •  東海村の学校給食レシピのページはこちらからどうぞ!
  • おはしの日は、おはしを使う給食の日です。
  • 東海村の学校給食では、東海村産の小松菜・なす・キャベツ・さつまいもなどを季節によって使用します。
  • 米は東海村産「コシヒカリ」を100パーセント使用しています。なお、精米代購入に掛かる費用は、村で全額補助をしており、この補助金には国の電源立地地域対策交付金が充てられています。
  • 納品の都合等により、各学校で献立を変更することがあります。正しい献立は、各学校から配布される献立表をご覧ください。
  • アレルギー等、気になるメニューがありましたら学校までおたずね下さい。
  • 学校・保育所給食食材の放射性物質測定については、東海村のホームページからご覧下さい。